喘息 ぜん息 睡眠 いびき 治療 | 愛知県小牧市の喘息睡眠リハビリ治療の病院 平松内科・呼吸器内科

愛知県小牧市の喘息睡眠リハビリ治療の病院 平松内科・呼吸器内科のトップページ愛知県小牧市の喘息睡眠リハビリ治療の病院 平松内科・呼吸器内科のクリニック案内愛知県小牧市の喘息睡眠リハビリ治療の病院 平松内科・呼吸器内科の診療内容愛知県小牧市の喘息睡眠リハビリ治療の病院 平松内科・呼吸器内科のごあいさつ愛知県小牧市の喘息睡眠リハビリ治療の病院 平松内科・呼吸器内科のスタッフ紹介愛知県小牧市の喘息睡眠リハビリ治療の病院 平松内科・呼吸器内科の相談窓口愛知県小牧市の喘息睡眠リハビリ治療の病院 平松内科・呼吸器内科のよくある質問愛知県小牧市の喘息睡眠リハビリ治療の病院 平松内科・呼吸器内科のアクセス愛知県小牧市の喘息睡眠リハビリ治療の病院 平松内科・呼吸器内科のお問い合わせ
 トップ>睡眠(いびき・無呼吸)でお悩みの方へ

 

愛知県小牧市の喘息睡眠リハビリ治療の病院 平松内科・呼吸器内科|喘息(ぜん息)治療

喘息 ぜん息でお悩みの方。治療はこちら

愛知県小牧市の喘息睡眠リハビリ治療の病院 平松内科・呼吸器内科|睡眠治療

睡眠でお悩みの方。治療はこちら

愛知県小牧市の喘息睡眠リハビリ治療の病院 平松内科・呼吸器内科|リハビリ治療

呼吸障害のリハビリはこちら

愛知県小牧市の喘息睡眠リハビリ治療の病院 平松内科・呼吸器内科|禁煙治療

禁煙に悩んでいる方。治療はこちら

愛知県小牧市の喘息睡眠リハビリ治療の病院 平松内科・呼吸器内科|健康 メンタルヘルス相談

健康・メンタルヘルス相談はこちら

愛知県小牧市の喘息睡眠リハビリ治療の病院 平松内科・呼吸器内科|治験について

治験についてはこちら

愛知県小牧市の喘息睡眠リハビリ治療の病院 平松内科・呼吸器内科|薬学生アドバンスト実習について

薬学生アドバンスト実習についてはこちら

 

愛知県小牧市の喘息睡眠リハビリ治療の病院 平松内科・呼吸器内科の喘息・睡眠でお悩みの方へ

愛知県小牧市の喘息睡眠リハビリ治療の病院 平松内科・呼吸器内科|クリニック案内

愛知県小牧市の喘息睡眠リハビリ治療の病院 平松内科・呼吸器内科|診療内容

愛知県小牧市の喘息睡眠リハビリ治療の病院 平松内科・呼吸器内科|平松院長ご挨拶

愛知県小牧市の喘息睡眠リハビリ治療の病院 平松内科・呼吸器内科|スタッフ紹介

愛知県小牧市の喘息睡眠リハビリ治療の病院 平松内科・呼吸器内科|相談窓口

愛知県小牧市の喘息睡眠リハビリ治療の病院 平松内科・呼吸器内科|よくある質問

愛知県小牧市の喘息睡眠リハビリ治療の病院 平松内科・呼吸器内科|アクセス

愛知県小牧市の喘息睡眠リハビリ治療の病院 平松内科・呼吸器内科|お問い合わせ


 

愛知県小牧市の喘息睡眠リハビリ治療の病院 平松内科・呼吸器内科 |「睡眠時無呼吸症候群、いびき、無呼吸など、呼吸器疾患による睡眠の悩みは、平松内科・呼吸器内科へご相談ください。



睡眠時無呼吸症候群(いびき・無呼吸)について


いびき、眠気、疲れがとれないなどの睡眠に関する悩みがある方はご覧ください。

睡眠時無呼吸症候群(いびき・無呼吸)の主な症状

睡眠中に何度も呼吸が止まった状態が繰り返され、それによって日常生活に様々な障害を引き起こす疾患です。


睡眠時無呼吸症候群(いびき・無呼吸)の主な症状

睡眠時無呼吸症候群の主な症状にはいびきをかく、夜中に何度も目が覚める、起床時の頭痛、日中の眠気や倦怠感などがあります。
これらの症状は注意力の低下につながり仕事に影響が出たり、車の運転時などは重大な事故を起こす可能性があります。
また、睡眠時無呼吸症候群があると、高血圧・心不全・心血管障害・脳梗塞・糖尿病などの危険性が高まります。


睡眠時無呼吸症候群(いびき・無呼吸)の主な症状

睡眠時無呼吸症候群の多くの場合、気道が塞がったり狭くなっておこる閉塞型睡眠時無呼吸症候群です。
気道が塞がる・狭くなるという現象は
 
  • 筋力の低下(加齢)
  • 舌が重くなる(肥満)
  • 顎が後退している・扁桃腺肥大がある、軟口蓋が長い(形態的問題)などが
    原因でおこります。
 
正常な状態
 
閉塞した状態

睡眠時無呼吸症候群(いびき・無呼吸)の検査
睡眠時無呼吸症候群の診断には以下の検査が必要です 。

@ ポリソムノグラフィー(PSG検査)
一晩入院して行う検査です。
脳波、心電図、胸部・腹部の動き、鼻と口からの空気の流れ、血中の酸素量などを測定  し、睡眠中の呼吸の状態や眠りの質の評価・睡眠中の異常行動などの評価を行います。

A 簡易検査
自宅でできる検査です。
呼吸状態や血中酸素の状態を測定できます。値によってはさらに精密検査(PSG検査)が必要となる時があります。

睡眠時無呼吸症候群(いびき・無呼吸)の治療法

中等〜重症の無呼吸には、就寝中に鼻マスクを通じて空気圧をかけ、気道の閉塞部を押し拡げることによって、無呼吸・低呼吸をなくすCPAP療法が治療の第一選択と言われています。軽度の場合は睡眠用のマウスピースで症状を抑えることもできます。 扁桃腺肥大などがある場合や鼻などに原因がある場合には、耳鼻科の医師に相談する必要があります。
無呼吸の主な原因は、気道に沈着した脂肪が原因であることが多いため、肥満傾向の方は、CPAP療法に併用して減量を行う必要があります。



○当クリニックでのPSG検査まで
(来院)
問診で現在の症状や、他院の受診状況、使っているお薬について
質問させていただきます。
(診察・事前検査)
診察を受け、採血やレントゲンなどの事前検査を行います。
(検査の予約)
検査当日の来院時間や注意事項などをスタッフからお話をします。
※日によっては大変混み合いますので事前予約をお進めします。

○入院検査当日

 
午後6:30〜8:00   お食事をすませてからご来院ください。
入院や検査について説明があります。

午後7:30〜10:00   センサーの装着を始めます。
テストを含めて約1時間ほどかかります。
装着・テストが終了しましたら翌朝までおやすみください。

翌朝   起床後センサーを外して検査の終了となります。
シャワーもご利用できますので、そのまま出勤も可能です。
               

○入院時の持ち物
健康保険証・診察券・普段服用しているお薬、その他必要なものがあればご持参ください。 ※なおクリニックにて以下のものを用意しています。
  各部屋に 寝巻き・スリッパ・バスタオル・フェイスタオル
  共同のシャワールームに シャンプー・ボディーソープ・ドライヤー

○入浴
各個室に入浴設備はありませんが共同のシャワールームがあります。
検査前・検査後にご利用ください。

○お食事
当クリニックでは食事の提供はできません。
済ませてご来院頂くようお願いいたします。

○入院検査の注意事項
クリニック内は禁酒・禁煙となっております。
検査中は携帯電話を切っていただきますのでご了承ください 。  



○CPAPとは
CPAP療法(経鼻的持続陽圧呼吸療法)は、睡眠中に鼻から空気を送ることによって、気道が塞がったり狭くなってしまう状態を取り除く治療法です。

 


○CPAP療法の効果

CPAP療法を行うことで、睡眠中の無呼吸を取り除くと、きちんと睡眠を取れるようになり、睡眠時 無呼吸症候群の症状である いびき・夜中の目覚め、起床時の頭痛、日中の眠気や倦怠感などの改 善が期待されます。

○CPAP療法の保険適用
CPAP療法は検査を行い基準を満たすと健康保険の適用となります。
その場合、月に一度の外来受診が必要です。
主治医と相談しながらCPAP療法を継続してより良い生活を送りましょう。



むずむず足症候群について


足がむずがゆい、ほてって寝付けないという方はご覧ください。

睡眠時無呼吸症候群(いびき・無呼吸)の主な症状

座っているときや横になっているときに、脚が「むずむずする」、「かゆい」、「ほてる」といった不快感がおこり、脚を動かしたいという強い衝動が現れます。実際に足を動かすと、一時的に楽になりますが、動くのをやめると再び不快感が生じます。
また、睡眠中、脚が周期的にピクピク動く、周期性四肢運動障害も合併することが多く、放置していると不眠にもつながってきます。

心当たりの方は、すぐに医師にご相談ください。


睡眠障害について


夜眠れない、寝た気がしないなど睡眠障害に心当たりの方はご覧ください。

睡眠障害 不眠症について

不眠症の主な症状
・「なかなか寝つけない(入眠障害)」
・「夜間、何度も目が覚めてしまう(中途覚醒)」
・「眠った気がしない(熟眠障害)」
・「朝早く目が覚めてしまう(早朝覚醒)」

といった、4つの症状が発症します。

不眠症の原因
・身体疾患(心疾患、腎疾患、糖尿病、高血圧など)
・精神疾患(うつ病、統合失調症など)
・睡眠障害、薬物の影響

など、色々な原因が考えられます。お悩みの方は、早めに医師へご相談ください。

不眠症の治療法
それぞれの原因に応じた薬物療法や認知行動療法を行っています。


睡眠障害 ナルコレプシーについて

ナルコレプシーの主な症状
・「日中、強い眠気を感じる」
・「怒る・笑う・驚くなどしたときに、力が突然抜けてしまう
(情動脱力発作)

・「寝入ったときに鮮明な夢・幻覚をみる(入眠時幻覚)
・「金縛りにあう(睡眠麻痺)

といった症状が多くみられます。日中、我慢できないほどの眠気のため、会議や試験中などにかかわらず、どんな状況でも寝入ってしまいます。わずかな刺激で覚醒するため、単なる居眠りと勘違いされてしまうことがあります。

ナルコレプシーの検査
診断には、問診・PSG検査・MSLT検査を実施します。

PSG(終夜睡眠ポリグラフ)検査
睡眠の状態を評価し、過眠の原因となる睡眠障害を調べます。
MSLT(睡眠潜時反復)検査
2時間おきに計5回検査を実施し、眠気の程度を評価します。


睡眠障害 レム睡眠行動障害について

レム睡眠行動障害の主な症状
・「悪夢や寝言でうなされる」
・「睡眠中、隣にいる人に暴力を振るう(叩く、蹴る)」
・「睡眠中、近くにある家具を叩いてケガをしてしまう」

といった、睡眠中の異常な行動が症状として発症します。
50〜60代男性に非常に多くみられます。夢の内容に応じて、激しい寝言や叫び声、徘徊や暴力的な行動が発症することもあります。症状が出ているときに起こすと、すぐに目を覚まし、意思疎通も可能で、夢の内容もよく覚えているという特徴があります。

レム睡眠行動障害の検査
レム睡眠行動障害と症状が似ている病気に「せん妄」があります。レム睡眠行動障害とは治療法が異なるため、専門医による診断が必要です。
診断には、問診と睡眠ポリグラフ検査(レム睡眠の評価)を実施します。

PSG(終夜睡眠ポリグラフ)検査
睡眠の状態を評価し、過眠の原因となる睡眠障害を調べます。

レム睡眠行動障害の治療法
まず第一には、患者様ご本人や、周囲の方のケガを防ぐため、危険となりうるものを置かないなど環境面での安全対策をとってください。。 薬物療法では、「クロナゼパム」という内服薬で8〜9割の方の異常行動が収まって、悪夢もなくなるなど高い効果を得ることができます。







 




診療内容:
愛知県小牧市の喘息睡眠リハビリ治療の病院 平松内科・呼吸器内科
内科一覧・呼吸器内科(呼吸不全・肺腫瘍・COPD感染) アレルギー科(喘息 ぜん息)呼吸リハビリテーション 睡眠時無呼吸検査 禁煙外来 不眠外来(不眠・不眠症・認知行動療法・心理相談・うつ)