記事一覧

予約なしでも診察してもらえますか?

診察は直接来院しても結構ですが、予約患者優先のため待ち時間が長くなってしまいます。予約専用ダイヤル(0568-41-4891)、または、診療時間内であれば直接電話連絡(0568-41-0008)していただき、都合のいい時間に予約を取っていただくことをおすすめします。

当日の予約はできますか?

当日の予約はお受けしておりません。また近日は予約がいっぱいの場合も多く、ご希望の時間に予約を入れることができない場合がございます。当日の受診は直接来院していただきますようお願いしております。予約外になり待ち時間が長くなること御了承下さい。

待ち時間の短い曜日はありますか?

予測は難しいのが現状です。連休前後や日曜日は特に待ち時間が長くなる傾向があります。
CPAP治療の患者様は、月曜日の8時45分、木曜日の8時45分と18時45分、第2日曜日の9時45分のCPAP専用枠で予約をとっていただくと待ち時間が短く診察が可能です。

子どもも診てもらえますか?

当院は呼吸器科専門のクリニックですが、原則、大人(高校生以上)を対象とさせていただいております。時々、当院に小児の患者様が来院されますが、近隣の小児科クリニックをおすすめしております。
理由は、1)小児には小児特有の疾患が潜んでいたり合併症がある 2)小児用の薬剤や機器を常備していない 3)診断に必要な呼吸器検査ができない ために、患者様にとって最善とは限らないからです。
当院にも小児の患者様が一部通院されていますが、小児科で「喘息」と診断されて治療していてもなかなかよくならない患者様や小児科医からの紹介患者様です。

禁煙治療の費用はいくらかかりますか?

2006年から禁煙治療が健康保険等の適用となりました。禁煙外来は定められたスケジュール通りに約3ヶ月間(12週間)に5回通院することになります。治療費は自己負担3割の方で15,000円程になります。これは1週間あたりで換算すると1,200円程度となり、毎日20本タバコを吸う方なら、約3日分のタバコ代に相当しますので決して高くはない金額です。

無呼吸検査や治療費はいくらかかりますか?

無呼吸検査には、自宅でできる簡易検査とクリニックに1泊して行う入院検査があります。
簡易検査の場合は3割負担で3千円程度、入院検査は検査費、施設使用料など全てあわせて2万円程度になります。
睡眠時無呼吸症候群と診断された場合、軽症の場合はマウスピース、中等症から重症の場合はCPAPという医療機器が必要になります。CPAPは3割負担で毎月5千円程度の負担になります。

入院検査は何曜日でも可能ですか?

自宅で行う検査はいつでも可能ですが、入院検査は火曜日か金曜日になります。
明らかな無呼吸(いびきの途中で呼吸が止まる)の指摘がなければ、自宅で行う簡易検査になるとことが多いですが、診察時にご相談下さい。

他院でCPAP治療をしていますが、転院は可能ですか?

転院は可能です。現在お使いの装置が当院採用のメーカーのものであれば、そのまま使用できますが、異なるメーカーであれば新しく当院から貸し出し設定することになります。現在治療している病院の紹介状を持参して下さい。

待ち時間の短い曜日はありますか?

連休前後や日曜日は特に待ち時間が長くなる傾向があります。CPAP治療の患者様は、月曜日の8時45分、木曜日の8時45分と18時45分、第2日曜日の9時45分のCPAP専用枠で予約をとっていただくと待ち時間が短く診察が可能です。

ページ移動